HIDA / 飛騨産業

スペシャルセール開催中のお知らせ


深遠な森林資源と、飛鳥時代から続く匠文化を背景に、大正9(1920)年、地域の発展を願う有志が、「無用の長物」とされてきたブナ材を活用し、曲木(まげき)家具づくりを創めました。
先人たちのひたむきな努力と挑戦により、飛騨は日本を代表する家具の産地に発展しました。その精神は今日に受け継がれ、新たなものづくりを支えています。
これからも永く愛される製品づくりを実践するため、伝統の心と技を大切に受け継ぎ、研鑽と挑戦に努めます。
そのことが、豊かな森林とそこに暮らす生命を育むことにつながれば、これ以上うれしいことはありません。
私たちはこれからも、人を想い、時を継ぎ、技を磨き、森と歩みます。