USM / USM モジュラーファニチャー

USM Modular Furniture(USM モジュラーファニチャー)は、スイスの建築家フリッツ・ハラー教授により開発されたビルディングシステムを基礎に、1965年にシステム化されたモジュラーファニチャーシステム「USMハラーシステム」を開発。
USMハラーシステムはモジュールで構成され、部材の組み替えと補充で、オフィス空間の変化に合わせて形やサイズ、色を変えることができます。
USMの製品は高品質の素材を使い、専門の訓練を受けた熟練した職人によって生産され、何十年にもわたって使用できるように厳密な品質基準を設けています。
2001年には、モダンデザインと芸術の象徴的な存在としてニューヨーク近代美術館の永久コレクションとなりました。