INTERIOR

2022.12.27

FARROW & BALL 時代の先を行くPaint&Paper①

アイテムカテゴリ その他・雑貨

イントロダクション

イギリスで約75年前に創業した「ファロー&ボール」。当時から変わらない商品に対するこだわりは、職人たちの日々の努力によって作りあげられています。
伝統的な工法によってつくられる時代に流されないデザインとカラーは、世界中の顧客に愛されています。しかしながら、決して伝統にあぐらをかかず研究にいそしむ彼らが生み出す製品は、やさしさと熱意に溢れているのです。

ペイントを知る

イギリス南西部・ドーセットにある自社工場で作られているペイント。きっとペイントについて明るくない人でも、その仕上がりを見れば一般的なペイントとの違いを実感するはず。 (著者ももちろんそのひとり) それもそのはず、ファロー&ボールのペイントには、一般的に出回る塗料に含まれる顔料に比べ30%以上多くの量が、それこそ限界量いっぱいまで加えられているのです。顔料が多く使われていることで、色に厚み・深みがでます。また、顔料の粒子が細かいため 光が様々な方向に反射し、光の加減によっていろんな表情を楽しむことができるのです。ファロー&ボールのペイントで塗られた表面はよくみると細かく凸凹しています。朝・昼・夜、自然の光に室内灯と、生活の中にはさまざまな色・強さの光があります。それらが乱反射し、ペイントに含まれる顔料のいろいろな表情が見え隠れします。

例えばグレーの壁。朝の白い光に照らされ青みがかったグレーに。昼間の強い光で淡いグレーに。そして夜、室内灯の柔らかな光に照らされ温かみのあるグレーに。同じグレーを塗っていても、こんなにも季節や時間によって表情がかわるのはファロー&ボールならでは。見るたびにわくわくさせてくれる、毎日が楽しく変わるきっかけとなるでしょう。

マットな表面のエステートエマルション。非常にきめ細かくチョークの粉のようなマットな質感が光と調和し、天井・壁を上品に仕上げてくれる。表面には細かい凹凸があり光を柔らかく反射させる。

(左)グレーみのあるニュートラルカラー。室内の電球色で見ると、柔らかさを感じる。
(右)同じグレーのグループを昼の自然光で見ると、グレーが際立ちさわやかに。

この132色の上質なカラーリングは、どれもすこし“灰がかっている”ように見えます。
明るいレッドや鮮やかなグリーンでさえほんの少しくすみを含んでおり、そのおかげでどんな色同士を合わせてもケンカしない、なじみの良さにつながります。
このくすみはなじみの良さだけでなく、男女の垣根も壊してくれます。男性の好む色、女性の好む色。世間でそのように言われる色でさえ、そのようなことが気にならなくなるほど色自体の魅力を引き出してくれるのです。
何事にも縛られることなく、自由に好きな色を選ぶ。ファロー&ボールはそれを可能にしてくれるペイントです。

そして、忘れてはならないのが色名。これらペイントにつけられているカラー名にもこだわりがあり、それぞれのストーリーが名前に表現されています。

・YEABRIDGE GREEN…「英国サマーセット地方の村、イヤーブリッジにハムストンファームハウス『Hamstone farmhouse』という18世紀のジョージ王朝様式の館があります。そこで、もともと銃が保管されていた戸棚を取り外した時に発見された澄んだ鮮明な緑色から由来されました。」

柔らかくくすんだ黄みのグリーンはナチュラルな雰囲気。もちろん観葉植物や木製の家具との相性も抜群だ。

・NANCY‘S BLUSHS…「ナンシーちゃん(Nancy)は皆に愛される実在の女の子。ナンシーちゃんの愛らしいローズ色の頬にちなんで名付けられました。現代的にも伝統的な色としても使えるピンクです。」

チアフルな気持ちにしてくれるピンクは、広く塗ってみると想像以上に馴染みがよく使いやすい。

このように、自然や動物、周りの人々など、思い入れのある原風景から切り取られた名前が想像をかきたてます。

壁紙

普段ビニールクロスに見慣れているわたしたち。壁紙がひとつひとつハンドメイドで作られていると、誰が想像するでしょうか。

ファロー&ボールの壁紙は自社で作っているペイントを使って、ひとつひとつ職人によって製造されています。一般的な壁紙は、印刷用のインクを使って大量に生産されます。それは良い意味でムラのない、均一な製品ができるということ。ファロー&ボールはそれとは対照的に、1枚 1枚職人たちが伝統工法を駆使して作り上げています。そこには風合いの少しずつ異なる、 凹凸感のある独特の質感が生まれます。大胆で少し躊躇するような柄の壁紙も、その風合いのおかげで元からそこに貼ってあったかのような落ち着く空間を演出してくれます。

ちなみにこれらの壁紙は、もちろんファロー&ボールのペイントで作られています。つまりトータルでカラーコーディネートができるということ。
大胆な柄の壁紙を部屋全体に貼るのに気後れしてしまう人も、カラーの合うペイントと併せて1面だけのアクセントなら、最初の1歩が踏み出せるかもしれません。

(上)ファロー&ボールの自社塗料を壁紙作りに使用。柄作りも手仕上げだ。
(下)絵付け・色付けも1点1点職人が行っている。

取材協力

カラーワークス 東京パレットショールーム
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-14-2 カラーワークス パレットビル
TEL:03-3864-0810(代表)
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝日
店舗情報はこちら

FARROW & BALL 時代の先を行くPaint&Paper 目次(全3回)